パックスフル(Paxful)の特徴・メリットは?

パックスフル(Paxful)という名前の仮想通貨取引所はご存知でしょうか。
実はパックスフル(Paxful)は海外の取引所です。

仮想通貨の取引を始めて間もない方や、これから仮想通貨の取引を始めようを考えている方は
海外の仮想通貨取引所はなんだか不透明そうで登録したくない、
日本語に対応してなさそうでトラブルが起こった時にパニックになりそう、
といった意見の方が多いのは当然のことかと思います。

しかし多くの日本人の仮想通貨トレーダーは海外の取引所、パックスフル(Paxful)に登録して取引を行っています。

そこで今回はパックスフル(Paxful)の特徴とメリットについて簡単に説明していきます。

パックスフル(Paxful)に登録してみたい、海外の仮想通貨取引所に登録をしてみたいと考えている方は是非とも参考にしてみてください。

パックスフル(Paxful)ってなに?

2014年にパックスフル(Paxful)は誕生しました。
じつはパックスフル(Paxful)と名乗る前はEasybitz (イージービッツ)という名前で仮想通貨取引所を運営していました。

拠点はアメリカのニューヨークにあります。
仮想通貨取引の形式としては個人間によるP2P取引がメインです。
そのため信用取引やレバレッジ取引などのサービスの提供はありません。

誕生当初から法定通貨・決済手段の対応数を増やしていき、現在は法定通貨164種類・決済手段300種類以上に対応するようになりました。
パックスフル(Paxful)はこのように世界中の人が手軽に利用できる存在になっています。

特徴・メリット1 パックスフル(Paxful)とBINANCE(バイナンス)が提携している!

パックスフル(Paxful)は2019年12月に現在世界でも有名な大手取引所BINANCE(バイナンス)との提携を発表しました。

これにより、より信頼性や安全性をアピールできるようになっています。

パックスフル(Paxful)は前述の通りビットコインのP2P取引に特化した取引所になっています。
164種類の法定通貨および300種類以上の決済手段に対応しているのでどの国からでも利用しやすいといった特徴メリットがあります。

特徴・メリット2 300種類以上の決済手段可能

BINANCE(バイナンス)との提携により決済手段は300種類以上の決済手段が選択可能とになりました。
300種類ともなれば、私たちが普段利用している決済手段のほとんどに対応しているということです。

日本人トレーダーに嬉しい日本円にも対応が完了しています。
決済手段も我々の身近な銀行口座やクレジットカードはもちろん、PayPalやギフトカード、デジタル通貨など、世界の聞いたことがないような決済手段まで網羅しているため本当に様々な手段が選択可能です。

決済手段が多く、日本円にも対応しているので海外の仮想通貨取引所でありながらまるで日本の取引所のように手軽にビットコインを売買することが可能です。

特徴・メリット3 P2P取引ができる

P2P取引ができるといった点も特徴・メリットとして上げることができます。

P2P取引とは簡単に説明すると個人対個人の取引ということです。

個人間での取引なので、仮想通貨の価格が決まった状態での取引が可能です。

例えば取引するタイミングでいきなり取引を行うか仮想通貨の価値が高騰して購入ができないといったパターンが通常の取引所です。
一方でパックスフル(Paxful)はP2P取引のため価格が決まった状態での取引が可能なので購入できないといったことは起こらないようになっています。

パックスフル(Paxful)は初心者にもオススメできる!

パックスフル(Paxful)の特徴とメリットについて説明してきましたがいかがでしょうか。
扱う通貨・決済方法が幅広くある、大手と連携、P2P取引が可能といった特徴・メリットで初心者にもオススメできる内容となっています。

どこの仮想通貨取引所に登録するか迷っているといった方は一度登録してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 仮想通貨取引所のおすすめは?2021年最新版! All Rights Reserved.